アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の順です。

フッ素系塗料は耐久性に優れ、雨、風、日光の影響を最も受ける、屋根に使われることが多いです。

現状外壁の塗り替えに最も用いられている塗料は、耐久性と価格のバランスが良いコスパに優れたシリコン系塗料となっています。

外壁に使用されている素材によって、水分や湿気に弱いものもあります。

外壁の塗替えはその建物の景観を高めるのは当然、外壁を保護する大事な役割もあります。

家の壁を保護し、防水性や耐久性を上昇させる。

塗料の機能によって断熱効果、遮熱効果やセルフクリーニング効果まである塗料も存在します。

御存知の通り外壁塗装は外壁自体の耐久性を上昇させます。

一般的に使われる塗料は主に、耐久性の低いもの~耐久性の高いものという順に並んでいます。

外壁塗装には、デメリットは存在しません。

強引に挙げるなら、外壁塗装自体は「永久的」なものではなく、効果の早いもので数年、長いものでも15~20年以内には塗り替えが必要になることがデメリットと呼べるかもしれません。

とはいえ外壁を保護するために、塗装以外では貼替えなどの手段しかなく、建物の維持管理としては、必要なものです。

現在使っている塗料の性能を超える前に、外壁を保護することで外壁自体の劣化を防ぎ、建物そのものの寿命を延ばすことが出来ます。

外壁の塗装がひび割れていたり、塗装の剥がれ、またチョーキング(手に白い粉が付く)が起きていたり…というような劣化状態が長く続いてしまうと、水分が外壁から内部に浸水することでそのまま雨漏りしてきたり、また外壁や外壁内部の鉄筋に腐食が起きたりします。

結果的にはそうした方が、本来は必要なかった修繕費用を使わずに済みます。

家の外壁塗り替えは、できるだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、費用相場を知っておくなど、少しの手間を惜しまないことが大切です。

失敗に陥りやすい最大の要因は、複数の業者から見積りを取らずに、相場を知らずに業者の言い値で外壁塗装をすることです。

一般的な相場を知らないままで、知らない間に損をしているケースが多いです。

直射日光による屋根や外壁の表面温度の上昇を抑える遮熱効果によって室内の温度変化を軽減します。

夏は冷房効果を上昇させ、断熱効果のあるものと併用することで冬場の室温も安定します。

一般にはまだまだ認知度が低い光触媒塗料や微細や繊維を使ったセラミック系塗料などは、外壁に付着した汚れを雨が降った際などに、勝手に流れ落ちてくれるというセルフクリーニング効果を持つものがあります。

外壁工事では、クラックや前の塗装剥がれ等を程度に合わせて、塗装する前に下準備を実施します。

あまり劣化が激しくなってから、外壁の塗替えを行う場合、外壁自体も内部の壁そのものに影響が及んでいることもあり、修繕が必要になることもあります。

外壁そのものにダメージが届く前に、塗替えはやや早めに考えておいた方が良いでしょう。